読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おやきズム

たまにおやき食べたい

おやきズム

おやきを訪ねるブログ

長野市中条『やきもち家』の囲炉裏端で灰焼きおやきを食べる

f:id:oyakism:20170128220347j:plain

蒸し、または、焼きおやきが主流の長野県北部で

灰焼きおやきを提供している「やきもち家」へ訪れました。

 【目次】

 

やきもち家

yakimochiya.jp

国道19号から雪深い山道を上がっていくと、立派な古民家に到着。

f:id:oyakism:20170128221853j:plain

「やきもち家」は古民家を改装した宿泊施設で、

その中にある囲炉裏で灰焼きおやきを作って、販売もしています。

f:id:oyakism:20170128221600j:plain

中に入ると、煙のにおいに包まれます。

到着した時間が遅かったので、すでにおやきは作り終えた後でしたが

タイミングがあえば実際に焼いている様子も見学できるそうです。

f:id:oyakism:20170128222401j:plain

おやきは持ち帰りだけでもOKですが、

せっかくなので1つ囲炉裏端で味わっていくことにしました。

 

灰焼きおやき ピリ辛

灰焼きおやき ピリ辛(野沢菜と切干大根のミックス、唐辛子)とコーヒーを注文。

f:id:oyakism:20170128222824j:plain

重さはおよそ140g。

1個190円です。

f:id:oyakism:20170128220347j:plain

ピリ辛ですが、そんなに辛くはありません。

皮は薄皮ですがもっちり、

具はしっかり濃い目の味付け。

 

なにより、静かな囲炉裏端で灰焼きおやきを食べる事が

「やきもち家」の一番の魅力かもしれません。

 

食べ終えて外に出ると、玄関脇にはかまくらがありました。

f:id:oyakism:20170128224333j:plain

入口から見える澄んだ景色もきれいでした。

f:id:oyakism:20170128224739j:plain

「やきもち家」は、都会からの家族連れや若者にも人気とのことで

きっと良い思い出になるでしょう。

 

灰焼きおやき 小豆

帰宅後に小豆も食べました。

f:id:oyakism:20170128225956j:plain

こちらも薄皮の中に餡がぎっしり詰まっています。

小豆の量がとても多いので家族と分け合いました。

美味しかったです。

ごちそうさま。

 

お店データ

やきもち家

【住所】〒381-3202 長野県長野市中条日下野5286

【電話】026-267-2641

 ※宿泊施設のため、営業時間、定休日については

  事前の確認をおすすめします。

【種類】野沢菜、切干大根、ピリ辛、かぼちゃ、小豆

【価格】各190円

【重量】およそ140g

【製法】焙烙焼き→灰焼き(短時間)

【皮厚】薄皮